7月の落語講座のお知らせ

10547031_1437690099836757_346373861_a

7月17日(木)20:00〜 背中家腰楽の落語講座がございます。

先月のお話は「王子の狐」でした。
「きつね、たぬきは人を化かす」そんな言葉が生きていた時代の、たいへんに暢気なお話。
そういえば昔「平成狸合戦ぽんぽこ」なんてアニメもありました。

『狐が若い娘に化けるところを目撃した男。
だまされている振りをして、娘に化けた狐を連れ料亭「扇屋」へ。
さんざん飲み食いした挙句、酒に酔った狐を置きざりにして、
男は先に帰ってしまうのだが…』

このお話は実在した料亭「扇屋」が舞台なのですが、話の中で、
店の看板商品の玉子焼きを始め、料理やサービスを褒めます。

実はこの落語、昔からあった話が幕末から明治にかけて
「扇屋」の宣伝用に作り変えられたものだとも言われています。
CMの要素もある落語があったなんてのも興味深いですね。

今で言えばドラマの中でスポンサーの商品が使用されるのと同じでしょうか。

ちなみに扇屋さんは現在料亭としては営業しておりませんが、
自慢の玉子焼きを販売をしています。

通販もしているお店のホームページのトップには
「落語の王子の狐の舞台でもある老舗の味」
とあります。

150年経った今も謳い文句として宣伝効果は生き続けているとは…
宣伝落語おそるべし。


さて今月は子供が出てくるお話。
落語に出てくるのは一筋縄ではいかない
こまっしゃくれいて、知恵(悪知恵)の働く子供でございまして。

楽しいお話です、ご期待ください。

背中家腰楽の落語講座では
「落語はちょっとむずかしそうで…」という方も、
「あらかた知っているよ」という方も、
よりお楽しみ頂けるように
レジュメ、プレゼンテーション付きの落語をやらせて頂いております。

この記事を書いた人

背中家 腰楽
背中家 腰楽杉田央之Twitter:@sugita_seitai
岡崎北高等学校卒。 兵庫県立姫路工業大学理学部生命科学科を経て、 平成7年落語家、古今亭志ん朝に入門。 古今亭志ん一と命名される。 無痛整体創始者のもとで7年間修行後、平成16年愛知県岡崎市にて「杉田整体院」を開院。 背中家腰楽として、 落語と健康の講座も開催中。
ブログ『だいたい医療、ときどき落語

関連記事

コメントは利用できません。

アクセス

自家焙煎珈琲
喫茶スロース

〒443-0056
愛知県蒲郡市神明町9-14 市川ビル
(JR蒲郡駅北口より徒歩2分)
電話080-3621-4497

営業時間
木金15:00~22:00
土日14:00~22:00
定休日 月曜・火曜・水曜


過去の記事

ページ上部へ戻る