5月の落語講座のお知らせ

11241502_622998721171072_1404929024_n

5月21日(木)20:00より、背中家腰楽の落語講座がございます。

落語講座と申しましても、落語を教えるわけではありません。
「落語はちょっとむずかしそうで…」という方も、
「あらかた知っているよ」という方も、
よりお楽しみ頂けるように
レジュメ、プレゼンテーション付きの落語をやらせて頂いております。


先月の演目は「へっつい幽霊」でした。


暢気なお話でワタクシも大好きなんですが、
へっつい…、なんだろう?となります、普通は。

落語には現在使われていない古い言葉がちょくちょく出てきます。

へっついとは漢字で書くと「竈」、かまどの別の呼び方です。
じゃあ今の人にも通じるように「かまど」で演ればいいかというと、
ココがムズカシイところ。

このお話では「へっつい」でないとしっくりきません。

文章では大変わかりにくいのですが、言葉の響きが変わると、
話の「伝わり方」も変わってしまうんですね。
このへんが話芸の面白いところであり、またコワいところでもあります。

またややこしい話でスミマセン…

えー、落語自体は大変のんきで楽しいものですのでご心配なく。

さて今月のお話は「大工調べ」です。
私が最初に買った志ん生師匠のレコードが「大工調べ」。
そのころから大好きなお話です。

江戸っ子の威勢の良い「啖呵」も聞きどころのお話。

皆様に大人気の与太郎さんも出て参ります。
乞うご期待!

この記事を書いた人

背中家 腰楽
背中家 腰楽杉田央之Twitter:@sugita_seitai
岡崎北高等学校卒。 兵庫県立姫路工業大学理学部生命科学科を経て、 平成7年落語家、古今亭志ん朝に入門。 古今亭志ん一と命名される。 無痛整体創始者のもとで7年間修行後、平成16年愛知県岡崎市にて「杉田整体院」を開院。 背中家腰楽として、 落語と健康の講座も開催中。
ブログ『だいたい医療、ときどき落語

関連記事

コメントは利用できません。

アクセス

自家焙煎珈琲
喫茶スロース

〒443-0056
愛知県蒲郡市神明町9-14 市川ビル
(JR蒲郡駅北口より徒歩2分)
電話080-3621-4497

営業時間
木金15:00~22:00
土日14:00~22:00
定休日 月曜・火曜・水曜


過去の記事

ページ上部へ戻る