いよいよ今週金曜日! スロース読書会 -ナマケモノの『それから』探し⑥-

baien

『明治のステマとハードボイルドワンダーランドの巻』

 

こんにちは。ドリーミー刑事です。

 

先日、山下達郎のライブに行ってきました。

それ以来、常に頭の中で達郎の曲が鳴り続ける症状に悩まされています。

 

ちなみに『それから』で、代助が三千代に思いを告げるシーンを読んでいる時には、『世界の果てまで』という曲が脳内再生されて、ものすごくロマンチックな映画を観ている気分になりました。歌詞が代助と三千代にぴったり合うんですよ。

 

 

そんなオッサンの妄想はともかく、今日は作中に登場する『煤煙』に関する小ネタです。

 

 

物語の前半で、代助と書生の門野が、『煤煙』という小説の批評をする場面が出てきます。

門野は面白い、と評価しますが、代助は否定的というか、少し小馬鹿にしたような態度をとってます。

 

しかしこの『煤煙』は、当の漱石が弟子の森田草平に書かせた実在の新聞連載小説だったんですね。

 

しかも、内容は森田本人と平塚らいてうの不倫、駆け落ちを描いたもの、というのだから穏やかじゃごさいません。

 

そんな弟子に書かせた重い内容の作品を、自分の小説の中で軽くネタにするとは、文豪ジョーク、最古のステマ、あるいは単なる鬼畜な所業と言うべきか。

 

いずれにせよ漱石先生の感覚はなかなかにぶっとんだものであることは、間違いない(長井秀和風に)。

 

 

 

-11月度スロース読書会-
日時:11/29(金) 20:30〜(11月度は第5週目の開催となります!!)
会場:喫茶スロース二階 ナマケモノ大学(蒲郡駅北口すぐ)
参加費:1000円(1ドリンク付

 

http://youtu.be/fJMqy6eb5MY

 

この記事を書いた人

ドリーミー刑事
ドリーミー刑事喫茶スロース読書会広報係Twitter:@slothcoffeebook
ドリーミー刑事(会社員)
スロース読書会の常連。
日々、古今東西の素敵でキャッチーな音楽を追い求める夢見みがちなおっさん。B型。犬が好き。

----------------------
喫茶スロース読書会@愛知県蒲郡市
毎月第1金曜20:30からゆる〜く開催中!
本が好きな方、おしゃべりの好きな方、気軽にお越し下さい。

喫茶スロース読書会はコーヒーやビールを飲みながらその月の課題図書について感想や意見をシェアする会です。雰囲気はかなりゆるめです。
本をきっかけにおしゃべりする会ととらえていただいて、気軽に参加していただけたらうれしいです。
喫茶スロース読書会ホームページはこちら
----------------------

関連記事

コメントは利用できません。

アクセス

自家焙煎珈琲
喫茶スロース

〒443-0056
愛知県蒲郡市神明町9-14 市川ビル
(JR蒲郡駅北口より徒歩2分)
電話080-3621-4497

営業時間
木金15:00~22:00
土日14:00~22:00
定休日 月曜・火曜・水曜


過去の記事

ページ上部へ戻る