「戦争体験を聞く会」開催

20140926-739x1024

みなさん、こんにちは。喫茶スロースで不定期に蒲郡の歴史を紹介している広中です。

私ごとながら、数年前から蒲郡近辺のお年寄りに戦争で体験したことをうかがっていて、それら体験談をまとめた書籍『語り継ぐ戦争―中国・シベリア・南方・本土「東三河8人の証言」』を、先日刊行いたしました。

おかげさまで、刊行後、各方面から好評をいただき、メディアにも取り上げていただきました。

意識の高い貴店店長清水氏もさきの戦争に関心があり、これを機会に蒲郡のみなさんに体験者からお話を直接きいてもらってはどうかという提案を受けました。

そこで今回、拙著で取り上げた体験者の方おひとりをお招きし、みなさんの前でお話を生でうかがっていこうと思います。ざっくばらんな感じでできればと思いますので、ご関心のある方、ぜひご参加ください。直接ご質問をしていただいても結構です。

内容は以下のとおりです。

 

題名:「運命を分けた輸送船―南方・ヤップ島からの脱出」

日時:11月8日(土曜) 午後14時半~16時

参加費 : 2,000円(コーヒー付き)

場所:喫茶スロース(蒲郡市)http://slothcoffee.jp/about

語り手:今野みどりさん(豊橋在住)

聞き手:広中一成、ご来場のみなさん

 

この記事を書いた人

広中 一成
広中 一成「蒲郡の歴史知っチャイナ」講師Twitter:@hironakaissei
1978年、愛知県蒲郡市生まれ。2012年、愛知大学大学院中国研究科博士後期課程修了。博士(中国研究)。現在、三重大学共通教育センター非常勤講師。専門は中国近現代史、日中戦争史、中国傀儡政権史。戦争体験者へのオーラルヒストリーも独自に行っている。大学院の研究テーマとして冀東防共自治政府を取り上げてからその「魅力」にハマり、関連論文を発表する一方、通州や唐山を訪れては、往時の冀東政権にひとり思いを馳せている。

著書
「華中特務工作」秘蔵写真帖』(彩流社、2011年)
ニセチャイナ―満洲・蒙疆・冀東・臨時・維新・南京』(社会評論社、2013年)
日中和平工作の記録』(彩流社、2013年)
『中日戰爭 真實影像記錄』(暁敏翻訳、香港中華書局、2013年)

「蒲郡の歴史知っチャイナ」の詳細はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

アクセス

自家焙煎珈琲
喫茶スロース

〒443-0056
愛知県蒲郡市神明町9-14 市川ビル
(JR蒲郡駅北口より徒歩2分)
電話080-3621-4497

営業時間
木金15:00~22:00
土日14:00~22:00
定休日 月曜・火曜・水曜


過去の記事

ページ上部へ戻る