好きな音の話①、とGood time music vol.2開催のお知らせ

jtjacket

こんばんは。 ドリーミー刑事です。

 

 

突然ですが、皆さんは好きな楽器の音ってありますか?

 

ワタシはどうも、エレクトリックピアノ(通称エレピ)、つまり電気ピアノの音がたまらなく好きなようです。

 

金属のような固さと冷たさの中に、焼いたマシュマロのような柔らかと暖かさを内包したような音、とでも言えばいいんでしょうか。

とりあえずこの音が入っているだけで、曲そのものに対する印象が二割増し、みたいな感じです。 (ルックスもいいんですよ、この楽器は)

 

 

そこまで惹かれる理由はよく分かりませんが、粗野で田舎者なワタシとしては、エレピのメロウでアーバンな響きに憧れがあるのかもしれません。

 

 

 

エレピを使った大好きな曲はたくさんあるのですが、中でも一番おなじみな曲は、荒井由美の”中央フリーウェイ”ではないかと思います。

のちに夫となる・松任谷正隆の弾くロマンチックなエレピがイントロから炸裂してますが、この曲はドラムもベースもギターも、超絶スムーズ過ぎる演奏で、何度聴いても飽きることがありません(動画はオリジナルメンバーではありませんが)。

 

 

そして海外からご紹介したいのが、ニューソウルの代表選手、ドニー・ハザウェイであります(ピーター・バラカン風に表記してます)。

ウーリッツァー(エレピの名門メーカー)を弾きまくりながら歌い上げる彼の姿を想像するだけで(映像がほとんど残っていない)、ソウルミュージックに詳しくない自分の胸をも、最高に熱くしてくれます。

これは、盟友マービン・ゲイの超名曲”What’S going on”をライブでカバーした演奏です。

ヴーンって感じの、いかにも電気なノイズが独特の温かみがたまりません。

 

最近のミュージシャンですと、フェンダーローズ(同じくエレピの名機)だけでアルバムを作ってしまったIno Hidefumi氏も、エレピの音に取りつかれてしまった一人なんではないかと。

 

 

 

さて、そんなエレピを使った名曲もガンガン流れるであろうイベント“Good time music”の第2回を、5月23日(土)に開催させて頂くこととなりました。

詳細は追ってご連絡しますが、まずは今すぐ手帳を開いて頂き、”5/23″の欄に、“喫茶スロースに集合”大きな字で書き込んで頂くようにお願い致します。必ず今日中に絶対お願いします。

 

それではまた。

この記事を書いた人

ドリーミー刑事
ドリーミー刑事
スロース読書会のブログ担当。

好きなバンドはThe Smithsとサニーデイサービス。
学生時代に池袋でDJをしていた黒歴史も。

洋邦のポップミュージック全般を広く浅く愛してます。

買ったCDの記録を淡々とつけていくブログ書いてます。

 〜ドリーミー刑事のスモーキー事件簿〜
 http://dreamy-policeman.hatenablog.com/

関連記事

コメントは利用できません。

アクセス

自家焙煎珈琲
喫茶スロース

〒443-0056
愛知県蒲郡市神明町9-14 市川ビル
(JR蒲郡駅北口より徒歩2分)
電話080-3621-4497

営業時間
木金15:00~22:00
土日14:00~22:00
定休日 月曜・火曜・水曜


過去の記事

ページ上部へ戻る