コーヒーと砂糖 有機粗製糖(ブラジル)

喫茶スロース

今週10/10(土)11:00-12:30はスロースコーヒー研究会です。

はじめに松屋式ドリップのレクチャーも致しますので、コーヒー初心者の方も大歓迎です。

みなさんと楽しくコーヒーブレイクする感じです。どうぞ、気軽に遊びにいらして下さい☆

参加費:初めての方2,100円 / リピーター様 1,600円 

10/9(金)までに喫茶スロース(TEL 080-3621-4497)までご連絡下さい

 

こんにちは、喫茶スロースの清水美智乃です。

10/10(土)のコーヒー研究会の「コーヒーと砂糖の研究」に向けて、スタッフのみんなと色々な砂糖を試しています。

「コーヒー通はやっぱりブラックでしょう〜!」という方も多いと思います。

 

いやいや、それがですね!

その日の気分や体調でお砂糖やミルクを加えるのも、これまたツウな飲み方だと思うのです!

季節の変わり目なのか、最近はお疲れのお客様も多いです。

疲れている時は、ちょっと甘いものを入れたくなりますよね。

はじめはブラックでコーヒーを楽しんで、後から砂糖を加えて甘みを楽しむのもオススメです♪

 

さて今回、私が試してみたのはこちらの有機粗製糖。

喫茶スロース

ブラジルで有機栽培された原料糖を、化学的な処理をせずに無添加で製造された砂糖です。

のそのまま味見してみると、まろやかでやさしい味。なかなかおいしいです!

これと比べてみると普通の上白糖の甘さはきつい印象をもちました。

 

喫茶スロース

早速試飲してみました。

松屋式ドリップで淹れた、グァテマラ中煎りとエチオピア深煎り160ccにそれぞれ5gの砂糖を加えてみました。

グァテマラ中煎りは「甘ぃ…!甘すぎる!」と感じました。

松屋式で淹れる中煎りコーヒーは本当に繊細な味わいのコーヒーなので、砂糖の糖度によっては量も考えなければ!

コーヒーの風味が無くならない程度の甘さに抑えたほうがいいなぁと思いました。

 

対してエチオピア深煎りはなかなかの好印象です。冷めてもエチオピアの風味を邪魔せず、いい感じでした。

 

体にやさしい砂糖を使いたいと思い、色々と調べて分かったのですが、お砂糖といってもたくさんの種類があるんですね…。

最近は砂糖ばかりなめて甘い日々を過ごしていますが、松屋式ドリップのコーヒーに一番合う砂糖を見つけるために頑張ります〜。

コーヒー研究会ではどんな意見がでるのか楽しみです。

ゆるーい感じの楽しい会ですので、みなさんぜひ遊びに来て下さい!まだまだ参加者募集中です☆

この記事を書いた人

喫茶スロース
喫茶スロース2010年4月よりのんびり営業中!Twitter:@slothcoffee
自家焙煎珈琲 喫茶スロース
〒443-0056 愛知県蒲郡市神明町9-14 市川ビル1F (JR蒲郡駅北口すぐ)
営業時間:木金15:00~22:00 土日14:00~22:00
定休日:月・火・水
電話:080-3621-4497
自家焙煎した鮮度抜群のスペシャルティーコーヒーをお楽しみ下さい。
コーヒー豆、コーヒー器具の販売、コーヒー教室も行っています。
コーヒーの事なら何でもお気軽にお尋ねください。
slothcoffee.jp

関連記事

コメントは利用できません。

アクセス

自家焙煎珈琲
喫茶スロース

〒443-0056
愛知県蒲郡市神明町9-14 市川ビル
(JR蒲郡駅北口より徒歩2分)
電話080-3621-4497

営業時間
木金15:00~22:00
土日14:00~22:00
定休日 月曜・火曜・水曜


過去の記事

ページ上部へ戻る