『タモリ論』にまつわるエトセトラ② 10/25 20:30〜開催 喫茶スロース読者会

喫茶スロース読書会タモリ論

『タモリ論』にまつわるエトセトラ② 10/25 20:30〜開催 喫茶スロース読者会

『タモリ論』の著者、樋口毅宏氏は、デビュー作『さらば雑司ヶ谷』の中で、ストーリーとはなんの関係もないところで、甘味屋でオバちゃんが突然、「小沢健二こそ史上最高の音楽家である」と熱弁をふるうシーンを描き、話題になりました。

そのオバちゃんの主張の根拠になったのが、小沢健二がテレフォンショッキングに出演した時のタモリの発言なのですが、そのエピソードが実話なのか、『さらば雑司ヶ谷』を読んだ時からずっと気になっていました。
そして先日、とうとうネット上で見つけてしまいました!

小沢健二とタモリという表現者のかなり深い部分に迫る会話だと思いますので、ぜひ消えてしまう前にお聞き下さい。

ちなみに、ここで話題になっている歌は小沢健二『さよならなんて云えないよ』です。元ネタは言わずと知れたマイケルジャクソンですね。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=tYdBs1tm6e8

タモリ論

課題図書 樋口毅宏著『タモリ論

Amazonで購入

楽天ブックスで購入

この記事を書いた人

ドリーミー刑事
ドリーミー刑事喫茶スロース読書会広報係Twitter:@slothcoffeebook
ドリーミー刑事(会社員)
スロース読書会の常連。
日々、古今東西の素敵でキャッチーな音楽を追い求める夢見みがちなおっさん。B型。犬が好き。

----------------------
喫茶スロース読書会@愛知県蒲郡市
毎月第1金曜20:30からゆる〜く開催中!
本が好きな方、おしゃべりの好きな方、気軽にお越し下さい。

喫茶スロース読書会はコーヒーやビールを飲みながらその月の課題図書について感想や意見をシェアする会です。雰囲気はかなりゆるめです。
本をきっかけにおしゃべりする会ととらえていただいて、気軽に参加していただけたらうれしいです。
喫茶スロース読書会ホームページはこちら
----------------------

関連記事

コメントは利用できません。

アクセス

自家焙煎珈琲
喫茶スロース

〒443-0056
愛知県蒲郡市神明町9-14 市川ビル
(JR蒲郡駅北口より徒歩2分)
電話080-3621-4497

営業時間
木金15:00~22:00
土日14:00~22:00
定休日 月曜・火曜・水曜


過去の記事

ページ上部へ戻る